<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0116205_2275356.jpg畑の仕事もひと段落しているし、外は暑いし、もうすぐ開園だし・・・、そんなこの時期の園主の仕事といえば、看板作り。
今年は、デザイナーさんにダンボールのデザインをお願いして、ダンボールが一新。そのときに農園のロゴマークを考えていただきました。そのロゴマークで看板作り。
農園を始めてから、いろんな看板を作ってきました。こんな四角い大きい看板は3個目。
d0116205_22113860.jpgロゴマークにあわせて、初めての丸い看板も。
この丸い看板、どんな色にするんだろう。農園の入口に飾ったらどんな感じになるんだろう。


d0116205_22152920.jpg今日のみかん。
休憩時間にちょっと散歩させようと思って鎖を取って放すと、外に出ず小屋の中へ。そのまま、つながれてもいないのに一日小屋の中で過ごしていました。外は暑くて嫌なのだそうです。

d0116205_22184662.jpgちょっとそこまでのお出かけに、バイクに乗って風を切っていきました。
バイクの後ろの荷台に載せると怖がるのですが、ひざの上だと大丈夫なのだそうです。もう、100%室内犬の、甘やかされ犬でございます。

[PR]
by nashinohanana | 2012-07-26 22:20 | 夫の大工仕事
d0116205_21194463.jpg今年のセミの抜け殻は、低いところにたくさんあるようなのですが、なんででしょうか??

そんなことは、どうでもよくって、今日は、農園にサルが出ました。この辺は人とサルと、どっちが多いのかっていうようなところなので(いや、それはおおげさです)、野菜を作っても果物を作っても油断するとすぐにサルに持っていかれるようなところです。
幸い、今までうちの農園にサルは来なかったのですが、とうとう、今日、見てしまいました。

お昼休み、小屋の中でご飯を食べているときを狙って、小屋の横の畑で堂々とぶどうを味見していきました。園主が、「あれ、サルが歩いている」と言って畑を見た時にはもうサルはいなかったのですが、そこには一房のぶどうが枝ごと折られて落ちていて、5粒ぐらいなくなっていました。まだおいしくなかったので帰っていったのでしょう。


あああーーーーー、とうとううちにもサルが来てしまったーーーーーーーーー。
もうこれからは油断できません。みんなでハウスの仕事なんかしてたら、絶対に外のぶどうが狙われてしまいます。お昼ごはんも常に畑を監視しながら。昼間にみんなで出かけるなんてもってのほか!
カラスにサルにイノシシに・・・・。梨やぶどうをいろんな動物が狙っていて、のんびりできません。
[PR]
by nashinohanana | 2012-07-24 21:33 | その他
d0116205_2058797.jpgぶどうにはたくさんの品種があって、「マニキュアフィンガー」とか「マスカット・オブ・アレキサンドリア」とか、なんだか高級そうな名前のぶどうもたくさんあります。
それに比べて、この写真の「紅伊豆(べにいず)」。なんとも”ザ・日本”って感じの庶民的なネーミングではないですか。ところがところが、このぶどう、その味・食感はとても高貴(私が思っているだけです)。あま~くてなんだか高級な香り。とてもみずみずしくて、一粒口に入れとじゅわ~っと甘みが拡がります。

前の日記に書いた黒バラードは、さっぱりした甘さで、次々口に入れたくなりますが、この紅伊豆は、一粒のおいしさの余韻に浸っていたいので、ゆっくりゆっくり食べたいぶどう(あくまで、私の感想です)。まさに、ぶどうの女王様!(これもあくまで、私が勝手に思っているだけです。なにせ、うちにあるぶどう以外はあんまり食べたことが無いので、他のぶどうを知りませんので・・・)

d0116205_2110422.jpgところが、この紅伊豆、作りこなすのが難しいのです。以前から露地にも植えてあるのですが、とにかく皮が柔らかすぎて、すぐに割れてしまうのです。急に雨がたくさん降って一気に水分を吸うと、ぶわっと粒が大きくなって、皮が裂けてしまうのかな~と思っていて、「だったら、定期的に水を撒く根域制限栽培なら割れないのでは??」と思ってハウスに植えてみたのですが、やっぱり割れてしまいます。

今日は、せっかくかけた袋を外して、この割れた粒をハサミで落としていきました。ああ、手間がかかる。おいしいのに手間がかかる。さらに、粒が柔らかすぎて、箱に詰めて送るとたぶん粒がつぶれてしまうので、発送用の箱詰めにも入れられないんです。

ああ、とってもおいしいのに・・・。どうなる、紅伊豆!?
[PR]
まだまだ梅雨明けしない山口県ですが、最近やっと暑い日が続くようになって、これで梨やぶどうがおいしくなるかな~と、ひと安心です。
最近の仕事は、露地のぶどうの、副梢管理・草管理・虫管理。
副梢とは、わき芽のこと、ということでいいのかな?まだまだわき芽が伸びるので、ぱっしぱっしと切っていきます。
草は、この連日の雨で、伸びる伸びる。毎年、今まで見なかった草が畑に現れます。今年はどくだみが出てきてるんだけど、どこから来たのでしょうか???
虫管理とは、枝に、悪さをする虫が入っていないか、すべてのぶどうの枝をじーっと見て歩く作業。悪い虫が入ると木が枯れるので、大変だけど重要な作業です。

そんな感じで作業はいろいろ続くけど、今日はぶどうのビニールを外しました。これで一応、露地ぶどうの作業もひと段落です。

d0116205_20145839.jpgハウスの黒バラード。おいしくなっています。
皮ごと食べられるぶどうです。種無しです。ピオーネに比べたら粒は小さいです。味はデラウエアに似た感じかなーと思います。甘くて濃厚というよりは、さっぱりとした甘さ。外仕事のあとで冷やして食べると、すごくおいしい。小さくて種無しで皮ごとなので、ついつい手が伸びる。
農園の冷蔵庫で冷やされていて、冷蔵庫を開けるたびに一粒つまみたくなるのですが、お客さんの試食用に置いてあるので、食べさせてもらえません。園主、なかなかに厳しいです。



月曜から、「なるべく早くぶどうを送ってください」という方のご注文を、この黒バラードで発送しようと思っています。
今はまだこの1種類しか取れないので、お急ぎの方以外は、もう少しお待ちください。せっかく11種類のぶどうを作っているので、彩り良く何種類か混ぜてお送りしたいと思っています。

最近は、ハウスに入っては、味の確認で一粒ぶどうをつまむのが楽しみで楽しみで。
[PR]
d0116205_16465247.jpg今日はハウスでいろいろ作業。
まずは副梢を切っています。ハウスは下が防草シートなので、切った枝もポイポイ捨てられません。おなかのゴミ箱に回収。
あとは、草をとったり、まだ袋がけが済んでいなかった瀬戸ジャイアンツなどに袋をかけたり。



d0116205_16532358.jpgハウスの翠峰(すいほう)。予想以上に粒が大きくなってくれて、まさにむちむち。
写真じゃむちむちっぷりが分かりづらいですねえ。これをむちむちと言わずしてなにをむちむちと言うか、というほどの粒の太りようです。これで美味しくなってくれれば、もう完璧。

熊本のあたりの大雨はひどいですね。前線の位置がちょっと違ったら、山口にあんな大雨が降っていたのかも、と思うと、最近の異常気象は本当に恐ろしい。
被害のひどかった地域に、これ以上ひどい雨が降らないことを祈ります。

[PR]
d0116205_2037229.jpgぶどうの袋かけが終了しました。
ということは、あとは美味しくなるのを待つばかり、今年の栽培もひと段落、ということです。
いや~、あっという間でした!今年はハウスのぶどうも加わったので、たぶん、いつもより早い時期から作業が始まったはずだし、いつもより作業も多かったはずなんですが、もう、何がどうだか分からなく、とにかく忙しかった。
でもでも、終わるもんなんだ~~~。


d0116205_20414556.jpgこの、むちむちぷりぷりなぶどうたちも、袋に包まれてしばらくは姿を見ないのですね~。そして、次お目見えするときは、黒くて甘い、むちむちぷりぷりになってるのですね。

どうぞ、いいお天気が続いて甘く美味しくなりますように。梨もね。

[PR]
by nashinohanana | 2012-07-11 20:44 | ぶどう
d0116205_2027193.jpg
デジタル一眼レフのカメラを借りる機会があったので、いろいろと撮ってみました。
いつものブログの写真は、普通のデジカメ。撮影者は私。今日のはデジタル一眼レフで、撮影者は夫。

d0116205_20293182.jpg
d0116205_20295321.jpg
普段の写真より、 鮮明で、味がありますよね。
一番上は「天山」というぶどうで、黒いぶどうは「黒バラード」というぶどうです。「天山」は、緑のぶどうなので、もうこれからそんなに色が変わらないけど、もうちょっと黄色っぽくなって透明感が出るようです。「黒バラード」は早く取れるぶどうで、昨日食べたらもうずいぶん甘くなっていました。あと2週間ぐらいしたらずいぶん美味しくなるのでは。


d0116205_20372674.jpg
d0116205_20382234.jpg
d0116205_20383546.jpg
みかんも普段より賢そうに見える気が・・・。
[PR]
d0116205_20203925.jpg露地のぶどう。大きくなりました♪。
2週間ぐらいかかって、やっとひととおり摘粒が終わりました。そして今日から2回目の摘粒。
ぶどうの粒は、これからもうちょっとずつ大きくなるので、房を見て、「このまま粒が大きくなっても粒同士がぶつかって大きくなる余地がなさそうだな~」と思ったら、一粒はさみでチョキンと落とします。


d0116205_20255518.jpgこの一粒を選ぶのがなかなか難しくて、一粒落とすことですっごく効果的に粒同士に隙間ができることもあれば、一粒落として大きい穴ができてしまうこともあり、悩ましい悩ましい作業です。
集中してる時は、ぱっと房を見て本能で落とす粒を感じます。で、その粒を間引いて「私って天才」と思います。
が、ずっとやってると腰が痛くなって、その集中が続かないのが残念です。わりと好きな作業なので、腰が痛くならなかったら、ずっと「私って天才」と思いながら猛烈に粒が間引けるはずなんですが~。残念。


d0116205_2036228.jpgハウスのピオーネ。だいぶん色が濃くなりました。
早く梅雨が明けて日がどんどん照るといいんだけどな~。
農家になって、天気予報をすごく真剣に見るようになりました。遠くで発生した台風も気になるし、この先晴れるのか雨なのか、そして梅雨はいつ明けるのか、今年の夏は暑いのか。。。
今年も台風が来ませんように!早く梅雨が明けてそのあとお天気が続きますように!!
「農業って、やることやったらあとは神頼みだね~」と、今日のこと夫としゃべってました。
d0116205_20402745.jpgハウスの安芸クイーン。これなんかもう美味しそう。
ハウスのぶどうは、首が短い房は袋をかけていないのですが、袋のかかっていないぶどうは熟れるのが早いようです。他の安芸クイーンはまだまだ薄いピンクです。
とにかく!早く梅雨が明けますように!!!

[PR]
by nashinohanana | 2012-07-06 20:46 | ぶどう