カテゴリ:ハウス根域制限栽培ぶどう( 45 )

d0116205_2151876.jpg露地ぶどうの誘引・整形作業に追われていますが、ハウスぶどうも粒が大きくなって「早く摘粒しないとはさみが入らなくなるよ~」の状態になってきていました。なので今日はいったんハウスへ移動。
園主はまず、形の悪い房を落としていきます。


d0116205_2163791.jpgd0116205_2164549.jpgわたしはぶどうの摘粒。
ぶどうの粒が、これからもう少し大きくなるので、粒同士がぶつかって押し合ってつぶれないように、適度に余裕を持たせるために、はさみでよけいな粒を間引いていく作業です。
左:摘粒前。右:摘粒後。あんまり変化が無い?もうちょっと間引いた方がいい???

d0116205_2112455.jpg d0116205_21121429.jpg左:摘粒前。右:摘粒後。
一粒しか間引いていない!!
今こうやって見てみると、その粒じゃなくてその下の粒を落としたほうがよかったかな~。
いや~、この摘粒の作業、とにかく悩むんです。毎年悩むんだけど、出来上がったぶどうを見るとどれもいい具合の形になっているので、「どうやって間引いても結局は間引いたなりにぶどうが上手く大きくなってくれているんだな~」とは思うのですが、毎回毎回、ひと房向き合う度に、どこを間引くと上手く粒が動くか?どれだけ間引くか?悩んで悩んでしまうのです。
で、はさみを入れて一粒落としてみて、「わたしって天才」と思うときもあれば「あれ~、この粒じゃなかったな」というときもある。いつになったら悩まずにチョキチョキとはさみを入れていけるようになるのか???
[PR]
d0116205_20135851.jpg7日から1週間、梨の摘果作業が続きましたが、朝の涼しいうちはハウスの中で葡萄の粒を間引く作業を同時進行していました。
私は梨の作業担当だったのでしばらくハウスには入っておらず、久々に中のぶどうをのぞいてみると、おお!いい房がぶら下がっているではありませんか!!
粒間引きをした後の房は、小さい粒が無いのでつるっつるできれいなぶどうになっています。おお~~~、きれいなぶどうが並んでる♪
d0116205_2018724.jpgしかしながら!ちょっと奥に進んでいくと、貧相な房もあちこちに。こういう房もかなりいっぱいあります。
ハウスぶどうに実のなる1年目。花穂整形の長さ、ジベのタイミング、ハウスの温度管理・湿度管理などなどなどなど・・・・、早くもいろんな反省点だらけ。
はい、まずはこの反省を今年の露地ぶどうに活かしたいと思います!


d0116205_20224956.jpg今日のみかんは、バイクの後ろに載せられております。ノリノリのように見えますが、実は怖がってそわそわしています。
d0116205_2024447.jpg
その後、バイクと競争。こっちは得意。
ハウスから作業小屋まで100mぐらいあるのですが、その距離を競争すると、みかんの方が速すぎて、途中でちょっと力を抜くらしいです。

[PR]
d0116205_20164018.jpgパソコンの部屋がすっごく寒くて、農作業写真はちょこちょこ撮るもののブログにすることができず・・・。
この写真も1週間ほど前のものです。
天気予報で、23日ぐらいからこの冬一番の大寒波が来ると言われて、20~22日の3日間、大慌てでハウスの雪対策をしていました。
ビニールで覆われている中にもう一枚ビニールを拡げて、ビニールの2枚重ねにして、外のビニールと中のビニールの間にボイラーの空気が流れるようにダクトを上に上げて、暖かい空気で屋根の上の雪を溶かせるようにしていました。

d0116205_20225259.jpg園主、久々の足袋を履く作業です。
私も、ビニールを固定するのに脚立に上ったり降りたり上ったり降りたり・・・。たぶん3日間で1000回は上り降りしました。毎日続けたら足細くなるんだろうけど・・・。

d0116205_2025383.jpg2本ある白い筒が、奥のオレンジ色のボイラーから暖かい空気を送るダクトです。
これを上に向けて、ハウスの谷間に積もった雪を溶かす・・・、の予定だったのですが、この冬一番の大寒波は思ったより雪を降らせなくて、結局ボイラーが起動することもなく、この方法でちゃんと雪が解けるのか確認できませんでした。
でも、たいした雪じゃなくてよかったよかった。
あさってからまた予報に雪マークがあったのですが、どんな天気になるかな???
[PR]
d0116205_142214.jpgこの写真はですねえ、ハウスのぶどうに水をやっているところです。
普段はスプリンクラーで水を撒きますが、冬は凍ってスプリンクラーの管が破れたらいけないので、水を抜いて使えなくしています。なので、水道からなが~いホースをつないで水をやっています。
1本の木に約2分、止まることなくホースを持つ手を動かしてまんべんなく水をやります。2分×150本=300分=5時間、水やりにかかります。ああ、計算したら恐ろしい。
次の列にいったらホースをたくしたりとかするので、2日かけて水をやりました。ああ、大変。

冬なのでそんなに土は乾かないから、水やりは月に1回か2回ぐらいでいいと思うんですけどね。
ずっと立ってたら腰が痛くなりそうなので、コロコロの着いたいすに座って水をやっていました。もう、農作業とは思えない姿ですね。


2011年も今日で最後。今年もいろんな人に支えていただいて、無事に3度目のやまがた農園の年末を迎えることができました。ありがとうございました!
来年も美味しい梨とぶどうができるように、楽しく毎日が過ごせるように、頑張ります。来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
d0116205_19353649.jpg今日は、天気予報どおりのホワイトクリスマス。
昨日の夜は、結局農園には行きませんでした。そこまで大雪にはならないかなーと思って。朝農園に着いて、ハウスが無事でひと安心でした。


d0116205_19372937.jpg10時ごろからは日も出てきて、梨やぶどうの枝の上に積もった雪が一気に溶け始めました。
冬の間は、ハウスの四方の壁のビニールはまくり上げて、ぶどうを低温にあてるのですが、昨日と今日はビニールを閉めてハウスの中の温度を上げ、ハウスの上に積もった雪を溶かそうとしていました。
ビニールで囲まれたハウスの中は、日が出ると20度ぐらいまで暖かくなりました。外はたぶん3度ぐらいだと思うんですが。今日一日、ハウスの中で仕事をしていたけど、ぽかぽかで汗ばむほどでした。
昨日は、曇り空の下でボイラーを稼動させても10度にもならなかったのに、今日になってお日様が出たらボイラーなしでも20度!太陽の力はすごいなーと思いました。太陽光発電、もっと安くなったらいいのに。
[PR]
d0116205_20465872.jpg天気予報が、「23日頃からクリスマス寒波で雪、24~25日にかけては大雪に注意!」と言っていました。
うちのビニールハウスは冬でもビニールがかけっぱなしです。大雪が降ると、屋根に積もったビニールが谷間に集まって、その重みでハウスが倒壊する危険性があります。その対策として、ボイラー登場。ハウスの中を暖めて屋根に積もった雪を溶かす目論見です。
左のオレンジ色の機会がボイラーで、透明のダクトを通ってハウスの中に暖かい空気が拡がります。


今夜からの大雪に備えて試運転でボイラー初起動。灯油を燃やすゴーっという音がすごいです。でも、1時間ぐらい動かしたけど、「ハウスの中ぽかぽかだね~」って言うほど暖まりはしませんでした。ダクトの大きさとか、いろいろと問題も発見。まだ本格運転はできそうにないです。今夜、大雪だったらどうしよう??


d0116205_20571319.jpg今日は向かいの竹やぶからサル軍団が出てきました。この時期に来ても取られるものは無いのですが、「ここの農園は入りやすいぞ」と思わせると、入り癖が付いてしまうので、どうにか追い返さねば。
まずは、こっちからロケット花火。これには全然無反応。主人がバイクで向かっていっても、竹やぶには逃げるものの、遠くには行かずちょっと離れた所からこっちを覗いてるそうです。そこへパチンコ発射。パチンコ球が竹やぶの中で反射してカーンカーンカーンといろんな方向に飛ぶらしくて、これでやっと逃げて行ったそうです。



d0116205_2124387.jpg今朝はクリスマス寒波とは言うものの、日が出ているとあったかくて、気温は5度ぐらいでしたが仕事のしやすい日でした。


d0116205_2133877.jpgところが、3時ぐらいから急に雪が降り出して、あっという間に真っ白になりました。5時前にはやんで、空は晴れてきたんですけどね。
さあ、今夜は雪が降るでしょうか?雪が降り出したら、主人はボイラーを動かしに農園に行かなくてはいけません。農園に行って、何時間かおきに外の雪を見ながら、「ボイラー動かそうかな~、まだいいかな~、早くから動かしても油がもったいないしな~」と悩みながら夜を明かすのでしょう。クリスマスなのに大変です。
私とみかんは家で暖かくして寝ますよー。
[PR]
d0116205_2153746.jpgハウスの端の2列が、水はけが悪くて雨が降るとぬかるんでしまうので、排水を良くするために溝を掘りました。
この溝に管を入れるか砂利を入れるかして、水はけの改善を図るのです。
主人は剪定が大忙しです。剪定は私も他の人にもできません。なので、こういう雑務はおのずと主人のお父さんお母さんとか私とかに回ってきます。
今日はお父さんがつるはしでひたすら溝を掘って、私は移植ごてと一輪車で土をすくってハウスの外に運びます。

ハウスを建てる前にプレートランマーで地面をたたいて、今は防草シートを貼っているので土はカチカチ。溝を掘るのはひとこと「えらい」。「えらい」は山口弁で”しんどい”という意味です。
私もずっとしゃがんで土をすくってはバケツに入れ、バケツが満タンになったら一輪車に移し、一輪車が満タンになったら外に運び・・・と、えらかった。
この作業中、ずっと頭の中は鳥羽一郎の兄弟船が流れていました。「波の間に間に~~~」っていうやつです。最近は、隣の農園のラジオからずっとクリスマスソングが流れていますが、こんなえらい作業中は、「ら~ストクリスマス(ワム)」とか「きっと君は来ない~(山下達郎)」とか「じゃじゃっじゃじゃじゃじゃじゃ(マライヤキャリーのクリスマスソング)」いう気分ではない。日本人の心、演歌です。はー、そんな年なのかしら。


疲れた今日はみかんの4連発で。
d0116205_21154476.jpgd0116205_21155183.jpgd0116205_2116158.jpgd0116205_2116868.jpg
[PR]
d0116205_199145.jpg最近は、朝は寒くて水たまりの水は凍っているけど、10時を過ぎて日が出てくるとあったかい。かと言って、暖かすぎることも無いちょうどいい天気です。これが平年並みの気温だそうです。
寒いのは手がかじかんで仕事にならないけど、暖かすぎても頭がぼやーっとしてしまう。平年並みってちょうどいい。
こういう天気が、剪定も気持ちよく進むみたいです。


わたしは、ハウスのぶどうの葉っぱが落ちたので、集めています。
まず、ぶどうを植えている黒い箱の中とかわらの上に落ちた葉っぱを出して、それからかき集めていくので大変。でも、一列落葉を掃き集めると、つるっときれいになるので気持ちいい。

それから、ヤマブドウのつるでクリスマスのリースも作りました。ヒノキの葉っぱや裏山にある木の実をくっつけて。

あさっては雨で、金曜からは3日ぐらい雪が続くようなので、明日、ぶどうの株もとの草取りとハウスの落葉集めが終わるといいな~。
[PR]
d0116205_11362138.jpgハウスにビニールを貼りました。
周りも上もビニールで覆われて、一応これでハウス完成かな?

ビニールは、ハウス1列分の大きさになっていて、ハウスの長さ方向にじゃばらに折りたたまれてきます。それを屋根の谷間に上げて、アーチの上に広げるのが一苦労。なんせ重いんです。
でも、アーチの上に乗せてしまえば、あとは両端を一人ずつ持って谷間を歩いていけばビニールが広がっていきます。風がなければするするときれいに広がります。

d0116205_1147861.jpgう~ん、文章で説明するのは難しいですね。写真撮りたかったんですが、風の無いのが朝だけなので、6時ごろから夫と二人でビニールを広げていて、写真を撮る暇がなかったんですよね。記念すべきビニール貼り作業を写真に収められなくて残念。
d0116205_11491467.jpgとりあえずビニールをハウスの上に広げて仮止めしてしまえば、あとはビニールをまっすぐぴんと張るように気を付けながら、ビニールを固定していきます。
「センターがずれている」とか、「しわが寄ってるから下に引っ張りながら固定して」とか、A型の夫はなかなかにうるさいのです。
d0116205_11531472.jpg気が付けば農園の桜も満開。この桜は、さくらんぼのできる桜なので、ソメイヨシノよりは花が早く咲きます。
須金の桜はまだ咲き始め。今は菜の花が黄色く咲いてきれいです。空も青い。遠くでヒノキの花粉が舞いあがってるのが見えて恐ろしいですが、やっぱり春は気持ちいい~。
そしていよいよ梨のつぼみが膨らんできました。こちらはもっと恐ろしい。日曜あたりからつぼみを落とす作業が始まりそうです。
[PR]
d0116205_2053680.jpg久々にブログ。
よく、「冬は仕事があるの?」と聞かれますが、1年中大忙しです。ほぼ毎日農園に行って、何かと写真は撮ってますので、今回はダイジェストで。
梅の花が咲き始めたな~と思って写真を撮ったのが3月2日。
あれから梅の木のそばに行ってないので、もうたくさん咲いてるのかな~。
d0116205_20554439.jpgふきのとうを見つけたのが2月23日。てんぷらにして食べました。
ふきのとうのてんぷらは、高級料理のイメージでしたが、そこら辺に生えてるのを食べるとありがたみが薄い・・・。あー、ふきの味だわ、山菜の味だわ・・・、一度食べたらもういいかな・・・・・・・。
d0116205_20582770.jpgd0116205_20583842.jpg
d0116205_20591340.jpgあとは、ハウス周りをゴソゴソと、配管など。
ゴソゴソと、とは言っても、管を土に埋めるので結構な肉体労働、さらに管をうまく配置するのも難しかったとか。
私はぶどうの皮むきとか誘引とか。
d0116205_2123323.jpg水をためるタンクにふたを付けたりもしました。
d0116205_2125014.jpg高いところからハウスを見ると、柱とか苗とかが整然と並んできれい~。
[PR]