カテゴリ:ハウス根域制限栽培ぶどう( 45 )

d0116205_2059319.jpgハウスのリザマート。
芽が出たと思ったらぎゅんっと伸びて、もう花穂がついています。順調順調♪
d0116205_2102135.jpgでも、肝心のピオーネはまだまだこんな感じ。
d0116205_211083.jpgハウスのぶどうで一番早くとれるのは”黒バラード”ですが、その黒バラードに至っては、まだやっと芽が膨らんだ程度。
品種によってこんなに違うもんです。

今年はちゃんと芽が出ますように!
芽が出てほしいところから全部芽が出ると、とりあえず第一関門突破となります。芽が出ないとどうにもならないのです~~~。


d0116205_2133874.jpg今日も梨の棚線の張替をやっていました。
須金は今、杉花粉がまいまいしているので、マスクとサングラスは必須の園主です。そのすぐ後ろは杉の木!


d0116205_2152382.jpg園主写真おまけ。
[PR]
d0116205_20273194.jpgハウスのリザマートが発芽。
こんなかわいい芽が、これからぎゅーんと伸びて親指ぐらいの太さの1.5mぐらいの長さの枝になって、その枝にぶどうの実がなると思うと、すごいことだな~と思います。どこにそんなエネルギーをため込んでいるのだ~~~?


d0116205_20312725.jpgハウスの外では、今日も棚線の張替。新しい棚線はピカピカ。
奥の茶色い線が、サビサビの古い線です。梨の棚がピカピカになる。
d0116205_20324391.jpgその奥で、杉が今にも花粉をまき散らしそうな色になっています。そろそろ鼻がむずむずしてきました。もうちょっとしたら、風が吹くと花粉がふわ~と舞う風景が見られます。
あー、おそろしい。

[PR]
d0116205_2121042.jpgハウスのぶどうです。
剪定した切り口から水が出てきています。
ぶどうが、冬の間の休眠から目覚めて、活動を始めたあかしです。根っこが水を吸い始めたということなのでしょうか???
これが始まると「いよいよだ」という気がします。「のんびりしてられないぞ」とぶどうに言われているような気もします。

d0116205_21271314.jpgそれはさておき、今日のおやつタイム。
今日のおやつは焼きいもです。
そりゃ、もちろん、みかんにはたまりません。
[PR]
d0116205_20444495.jpg今日は朝からどんよりしてて風も冷たくて雪がふわふわ舞っています。
こんな日はハウスの中でお仕事!
ビニールハウスは、その名のごとくビニールで覆っていますが、中にもう一枚ビニールを広げて、2重のビニールで囲まれている状態にします。その、中に張るビニールをセットしていきました。

去年もやった仕事だけど、1年ぶりなので、「どういう順番だったかな~」とか「あ、こうじゃなかった」とか、いろいろスムーズにいかないこともあります。
でも、脚立に上ったり下りたり上ったり下りたりの作業だったことはしっかりと覚えていてました。
今日も上ったり下りたり上ったり下りたり。でも、最初からわかってると脚立の上り下りも、普段にはない動きなので楽しい。

d0116205_2051353.jpg10時ぐらいからは風も雪も強くなって、雪が横からぶつかってくるようなお天気になりました。ハウスの中は暖かくて幸せ。
ところが、お昼からはお日様が出てきて、そうなると途端にハウスの中は暑い暑い。多分外は3度ぐらいと思うのですが、ハウスの中は20度以上。その中で動くのでシャツ一枚になっても汗がじわ~っと出てきます。


この前見たテレビで、運動するにしても暖かいところでやったほうがやせる(例えば、お風呂な中で運動すると効果があるそうです)、と言っていたので、今日の作業はいいわ~と思いながら脚立に上ったり下りたり上ったり下りたりしていました。
[PR]
d0116205_2185562.jpgハウスのぶどう、主力品種であるピオーネ、安芸クイーンがおいしくなってきましたので、ご注文を受けていたぶどうの発送を始めました。
今は、ピオーネ、藤稔、安芸クイーン、シャインマスカット、リザマートをメインに、ぶどうたちが飛び立っていっています。
ピオーネ、安芸クイーン、シャインマスカットは露地でも作っています。露地もハウスもそんなに味は変わらないと思いますが、ハウスぶどうはとにかく粒が大きい!
ハウス栽培だから大きいのか、根域制限栽培だから大きいのか分からないのですが、植えて2年目の木からできるぶどうとは思えない粒の大きさです。

d0116205_21122621.jpgこれは2kgの箱。
4房で2kgにするつもりが、予想以上に大きく育ってしまい、ほとんどの2kg箱が3房で2kgになっています。



明日、開園ですが、ハウスぶどうはぶどう狩りはやっていません。地方発送と、直売のみです。
直売も、家庭用(ちょっと形が悪いので贈答の箱には入れられないぶどう。味は変わりません)をメインに販売します。

今週は、ピオーネ、安芸クイーン、紅伊豆、リザマートがメインとなると思います。
紅伊豆は、もう超完熟状態で、甘い甘いです。
リザマートは、他の農園で種あり栽培で作っているのを食べさせてもらって、すごく甘くておいしかったので植えたのですが、種無しにすると、あっさりとした味になりました。でも、皮ごと食べられて種がなくてあっさりしたぶどうというのは、とても食べやすいです。
シャインマスカットはどうかな~。熟したのと熟していないのとの差が大きく、熟した房が少ないようなので、農園で直売できるかは微妙です。
藤稔もOKかな?藤稔は、なぜか露地のものよりおいしいです。
ピオーネ、安芸クイーンは、もちろんおいしいです。

さてさて、明日はどんな一日になるのでしょう???
[PR]
d0116205_2058797.jpgぶどうにはたくさんの品種があって、「マニキュアフィンガー」とか「マスカット・オブ・アレキサンドリア」とか、なんだか高級そうな名前のぶどうもたくさんあります。
それに比べて、この写真の「紅伊豆(べにいず)」。なんとも”ザ・日本”って感じの庶民的なネーミングではないですか。ところがところが、このぶどう、その味・食感はとても高貴(私が思っているだけです)。あま~くてなんだか高級な香り。とてもみずみずしくて、一粒口に入れとじゅわ~っと甘みが拡がります。

前の日記に書いた黒バラードは、さっぱりした甘さで、次々口に入れたくなりますが、この紅伊豆は、一粒のおいしさの余韻に浸っていたいので、ゆっくりゆっくり食べたいぶどう(あくまで、私の感想です)。まさに、ぶどうの女王様!(これもあくまで、私が勝手に思っているだけです。なにせ、うちにあるぶどう以外はあんまり食べたことが無いので、他のぶどうを知りませんので・・・)

d0116205_2110422.jpgところが、この紅伊豆、作りこなすのが難しいのです。以前から露地にも植えてあるのですが、とにかく皮が柔らかすぎて、すぐに割れてしまうのです。急に雨がたくさん降って一気に水分を吸うと、ぶわっと粒が大きくなって、皮が裂けてしまうのかな~と思っていて、「だったら、定期的に水を撒く根域制限栽培なら割れないのでは??」と思ってハウスに植えてみたのですが、やっぱり割れてしまいます。

今日は、せっかくかけた袋を外して、この割れた粒をハサミで落としていきました。ああ、手間がかかる。おいしいのに手間がかかる。さらに、粒が柔らかすぎて、箱に詰めて送るとたぶん粒がつぶれてしまうので、発送用の箱詰めにも入れられないんです。

ああ、とってもおいしいのに・・・。どうなる、紅伊豆!?
[PR]
まだまだ梅雨明けしない山口県ですが、最近やっと暑い日が続くようになって、これで梨やぶどうがおいしくなるかな~と、ひと安心です。
最近の仕事は、露地のぶどうの、副梢管理・草管理・虫管理。
副梢とは、わき芽のこと、ということでいいのかな?まだまだわき芽が伸びるので、ぱっしぱっしと切っていきます。
草は、この連日の雨で、伸びる伸びる。毎年、今まで見なかった草が畑に現れます。今年はどくだみが出てきてるんだけど、どこから来たのでしょうか???
虫管理とは、枝に、悪さをする虫が入っていないか、すべてのぶどうの枝をじーっと見て歩く作業。悪い虫が入ると木が枯れるので、大変だけど重要な作業です。

そんな感じで作業はいろいろ続くけど、今日はぶどうのビニールを外しました。これで一応、露地ぶどうの作業もひと段落です。

d0116205_20145839.jpgハウスの黒バラード。おいしくなっています。
皮ごと食べられるぶどうです。種無しです。ピオーネに比べたら粒は小さいです。味はデラウエアに似た感じかなーと思います。甘くて濃厚というよりは、さっぱりとした甘さ。外仕事のあとで冷やして食べると、すごくおいしい。小さくて種無しで皮ごとなので、ついつい手が伸びる。
農園の冷蔵庫で冷やされていて、冷蔵庫を開けるたびに一粒つまみたくなるのですが、お客さんの試食用に置いてあるので、食べさせてもらえません。園主、なかなかに厳しいです。



月曜から、「なるべく早くぶどうを送ってください」という方のご注文を、この黒バラードで発送しようと思っています。
今はまだこの1種類しか取れないので、お急ぎの方以外は、もう少しお待ちください。せっかく11種類のぶどうを作っているので、彩り良く何種類か混ぜてお送りしたいと思っています。

最近は、ハウスに入っては、味の確認で一粒ぶどうをつまむのが楽しみで楽しみで。
[PR]
d0116205_16465247.jpg今日はハウスでいろいろ作業。
まずは副梢を切っています。ハウスは下が防草シートなので、切った枝もポイポイ捨てられません。おなかのゴミ箱に回収。
あとは、草をとったり、まだ袋がけが済んでいなかった瀬戸ジャイアンツなどに袋をかけたり。



d0116205_16532358.jpgハウスの翠峰(すいほう)。予想以上に粒が大きくなってくれて、まさにむちむち。
写真じゃむちむちっぷりが分かりづらいですねえ。これをむちむちと言わずしてなにをむちむちと言うか、というほどの粒の太りようです。これで美味しくなってくれれば、もう完璧。

熊本のあたりの大雨はひどいですね。前線の位置がちょっと違ったら、山口にあんな大雨が降っていたのかも、と思うと、最近の異常気象は本当に恐ろしい。
被害のひどかった地域に、これ以上ひどい雨が降らないことを祈ります。

[PR]
d0116205_2027193.jpg
デジタル一眼レフのカメラを借りる機会があったので、いろいろと撮ってみました。
いつものブログの写真は、普通のデジカメ。撮影者は私。今日のはデジタル一眼レフで、撮影者は夫。

d0116205_20293182.jpg
d0116205_20295321.jpg
普段の写真より、 鮮明で、味がありますよね。
一番上は「天山」というぶどうで、黒いぶどうは「黒バラード」というぶどうです。「天山」は、緑のぶどうなので、もうこれからそんなに色が変わらないけど、もうちょっと黄色っぽくなって透明感が出るようです。「黒バラード」は早く取れるぶどうで、昨日食べたらもうずいぶん甘くなっていました。あと2週間ぐらいしたらずいぶん美味しくなるのでは。


d0116205_20372674.jpg
d0116205_20382234.jpg
d0116205_20383546.jpg
みかんも普段より賢そうに見える気が・・・。
[PR]
d0116205_19454826.jpgハウスのぶどう、黒バラードという品種のぶどうが、色が付き始めました、
黒バラードはその名のとおり黒いぶどうです。これから徐々に濃い紫色に変身していきますが、このぼや~っと薄紫がかった状態でも、なんだか瑞々しくておいしそう。
あと2ヶ月ぐらいで食べられるようになるのかな?



d0116205_19482018.jpgみかんのブラッシング。
しつけができていなくって、ブラッシングは大嫌いです。
ブラシに噛み付こうとするので、首を足で挟んで無理やりブラッシング。
d0116205_19494952.jpg足の向こうは怖い顔。
d0116205_19522260.jpg浮いた毛が抜けて、すっきりスマートになりました。
[PR]