カテゴリ:梨( 118 )

霜が降る寒い日は、梨はスプリンクラーの水を撒いて、霜から守ります。
水を撒いたらなぜ霜から守れるのかは、何度聞いても分かりません。
霜が降る=零度以下になる、水を撒く→水は零度以上→水を撒いた周りは零度以上になる、という仕組みと理解していいような、それだけではないような・・・。
とにかく、霜が降りそうな夜は、何時間かごとに起きて外の気温や葉っぱの凍り具合を確認して、冷えそうならスプリンクラーのスイッチをONにして、あとは朝まで寝る、ということをしています。
それも、園主だけ。私は家で寝ています。

d0116205_21191238.jpgがががっ、そんな機械任せなことをしていたら、スプリンクラーの調子が悪くなって、水の出が悪くなってしまいました。
なので、最近は、蝋を入れた缶に火をつけて、霜から守っています。こうなると、園主一人では大変なので、私も夜中に起きて一緒に梨園に火をつけて歩きます。
なんせ、街の灯かりも街頭も無い山の中。キーンと冷えた空気の中、徐々に缶に火が付いてうっすらと畑が明るくなっていくのは、なかなかに幻想的です。
ひととおり火をつけ終わって遠くを見ると、他の農園も蝋の灯かりでぼんやりと浮かんでいて、「ああ~、みんな頑張っているな~」と、なんだか須金の農園の一体感を感じます。


なんて、一晩か二晩か手伝ったから言えるのであって、こんな日が何日も続いたら寝不足で不機嫌になること間違いなしです。
しばらくは、気温が高くなって霜は降らなさそうですが、どうぞこのまま暖かくなりますように。もう霜が降りませんように。


<追記>
この日記の「水を撒いたらどうして霜から守れるのか分からない」というくだりを読んだ園主に、「何度も教えたのに!こんなこと書いたら僕まで分かってないと思われる!!だいたい僕の言うことは聞いてないって言うことじゃね」と言われました。
水が凍るときに熱が出るそうで、「潜熱」と言うそうです。その熱で、零度以下にならないのだそうです。
園主はちゃんと分かってやってますので、ご安心を!
[PR]
by nashinohanana | 2013-04-24 21:33 |
d0116205_21585420.jpg金曜の夜から土曜の朝にかけて、気温がぐっと下がり、大霜が降りました。梨の木の幹にもうっすらと霜が積もり、場所によっては雪が降ったのか?と間違えるぐらい、真っ白になっていました。
先週は、これまでの暖かさがうそのように気温が下がり、週間天気予報を見ながら「土曜日にやっと気温が上がる、やっと受粉に適した天候になる、やっと受粉が出来る」と待ち望んでいた土曜日だったのですが、朝見てびっくり。梨の花びらは茶っけて、めしべがなくなっているものも。
今年は梨はダメかと思いながら、受粉をしました。

d0116205_21533745.jpgそして今日、もう一度受粉。土曜日に蕾だった花が昨日今日で開いたので、それらに花粉をつけようと受粉しました。
つぼみの時に霜にあったので、花びらは傷んでいますが、中のめしべはわりと無事でした。花の真ん中の、黄色いひょろひょろっとしたのがめしべです。花びらが痛んでも、めしべさえ無事ならちゃんと受粉して実になってくれます。
あの大霜にけなげに耐えてくれた梨に、感謝感謝です。いつもは、梨の花ってかわいいな~と思いながら楽しく受粉するのですが、今日の受粉は、良かった~という気持ち半分、ありがとうという気持ち半分でした。

土曜日に受粉する前にも、火曜日にも一度受粉しているので、霜にあってめしべがなくなった花は、だいたい一度受粉済みです。受粉した後の花が霜にあったらどうなるのかは、周りの人もよく分からないというので、こういう花たちがどうなるのかはまだ分かりませんが、とりあえず「今年は梨がありません」という状態にはならなくて済みそうです。
霜に絶えてくれた梨に感謝の気持ちをこめて、丁寧に育てて生きたいです。

d0116205_2282474.jpg写真は、幸水の花です。
幸水は、霜の降った金曜の時点では、まだまだ固いつぼみだったからか、ほとんど被害はなく、かわいい花を咲かせています。

[PR]
by nashinohanana | 2013-04-16 22:11 |
d0116205_21184564.jpg花粉用に摘んだ梨の枝。
今年は、一晩でほぼ咲いてくれました。

夜の間、ストーブの灯油を継ぎ足したり、ファンヒーターの3時間延長ボタンを押したりしないといけないので、一晩で咲き切ってくれると、眠りの足りない夜が一晩で済むので助かります。

やっぱり梨の花はかわいい。


[PR]
by nashinohanana | 2013-04-04 21:22 |
d0116205_2028497.jpg今年も、花粉作りが始まりました。
まずは、花粉用の木から枝を摘んで、ストーブを焚いた部屋の中に一晩入れて、花を咲かせます。
明日の朝起きたら、この小屋の中は梨の花でいっぱいになるのです。
梨の花は白くてかわいいんです。
それを思い出すだけで楽しみです。
d0116205_2029295.jpgって、上手くいくといいんですが、ストーブ2台ではなかなか温度が上がらず、一晩では咲ききらなくて2日かかることが多いです。明日の朝は、きれいに咲いてるかな?



d0116205_20291590.jpgみかんの居場所は、日当たり良好のため、最近は少し暑そうでぐったりしていました。
いつもの犬小屋は重くてぶどう狩りシーズンに裏に運ぶのが大変なので、みかんのおうち第2弾、"すだれで涼しく、移動も便利な軽い小屋”を作りました。
d0116205_20292780.jpgが、こちらの思惑とは違うところに落ち着かれています。
みかん、そこは床下です。

[PR]
by nashinohanana | 2013-04-03 20:38 |
d0116205_20435558.jpg今年は桜の開花が平年より10日ぐらい早いそうですが、桜が早いということは梨の開花も早いということ。
ここ2年ぐらいは、梨の開花が遅かったので、3月末の今頃はまだのんびりしていたのに、今年は、「あ~、梨の受粉の前にあれも終わらせないと~これも終わらせないと~」と、焦りモードです。

つぼみが膨らむとまず心配なのは、遅霜による被害。いうことで今日は、霜対策のスプリンクラーを出しました。
受粉前に、必要のない蕾は落としておきたいし、露地ぶどうのビニールを張り終えたい。今年はハウスのぶどうも生育が早いので、受粉とぶどうの作業も重なりそう。いや、その前に、この散らかった小屋も片づけなければ。とか何とかで、やること盛りだくさんです。
いよいよ、冬場ののんびりモードは終了ですね。今年も、一つ一つ丁寧に作業を進めていきたいな、と心を新たにする今日この頃です。
[PR]
by nashinohanana | 2013-03-23 21:00 |
d0116205_20515257.jpg今朝はうっすらと雪が積もっていました。
あれ、天気予報じゃ、そんなこと言ってなかったんだけど。

d0116205_20524473.jpg雪はすぐに溶けました。
剪定が終わったので、今日から梨の棚の修理にかかっています。
畑のいろんな設備はもう古くって、梨の棚線もさびさびです。1本ずつ、新しい鉄線を通して、古い線は外していっています。
それにしても今日は寒かった。日も出ないし風も冷たいし。


d0116205_2056191.jpgお日様が出てると、ぽかぽかなんですけどね。



[PR]
by nashinohanana | 2013-02-21 20:57 |
d0116205_220462.jpgいよいよ、今日から剪定を始めました。
剪定が始まると、冬になったなーという気がします。
梨はまずは幸水から。うちの園ではいちばん日当たりが悪いので、寒くなる前に終わらせるのだそうです。
私はぶどうの粗剪定。
葡萄の本剪定は、園主と私のどっちがやるのかな~。去年は「僕がやった方が速い」ということで園主が全部切っていったのですが、今年は剪定に取り掛かるのが早いし、私がやらせてもらおうかな。でも、「枝を残しすぎ」とか、いろいろ言われるんだろうな~。


d0116205_2264010.jpg今日はポッカポカのいいお天気で、みかんも珍しく座布団の外でのび~っと寝ていました。



昨日のみかん。
昨日は、米ぬかをまく仕事をしたので全身米ぬかまみれ。その米ぬかが美味しいらしく、服をひとしきりペロペロペロペロ。満足そうなみかんでした。
d0116205_2273179.jpgd0116205_2281767.jpg

[PR]
by nashinohanana | 2012-12-13 22:13 |
梨の株元に堆肥を配って広げていくのが最近の仕事です。

d0116205_21572929.jpg山積みの堆肥をトラクターで運搬車に積んで、

d0116205_21581561.jpg梨の木の近くまで運んできます。

d0116205_220032.jpg木のそばで待ち構えている私とパートさんで、堆肥を車から降ろして、

d0116205_2156165.jpgじょれんで堆肥を広げていく。


園主は、機械の操作担当なので、一番楽チンそうです。
それなりに重たい堆肥を車から降ろして株元に薄く丸く広げるのは、か弱い女子二人。
テレビで見たレンコン農家の収穫風景も、旦那さんがトラクターみたいなのに乗ってレンコンを掘り起こして、その後ろを奥さんがレンコンを集めて歩いていました。車の運転ができる男性の方が楽チンそうなのは、よくある風景です。

まあ、堆肥を広げた後に次の堆肥が来るまで時間が空くので、休み休みでできてそこまで大変ではありませんでした。
腰に付けた大きな肥料袋は、次の堆肥が来るまでの間に、梨の枝を誘引しているひもを切って外しているので、その紐を入れるための袋です。私たちって働き者!!!
[PR]
by nashinohanana | 2012-11-30 22:07 |
d0116205_19385866.jpgぶどうの排水工事が、今日の3時に終了。
1週間近く続いた砂利運びもやっと終わりです。
そしたら今度は梨園の葉っぱ集め。梨の落葉をひたすらがんぜきで集めるという、やっぱり肉体労働な仕事です。
はー、今日も疲れた。



[PR]
by nashinohanana | 2012-11-22 19:45 |
d0116205_21251135.jpg黄色く紅葉した梨の葉っぱが、昨日の雨風でだいぶん落葉して、今日の梨畑は黄色いじゅうたん。
朝日が当ってきらきらしてきれい~と思って写真。


d0116205_2126397.jpgカメラのデータを見てみると、同じような梨の写真を夫も撮影。
上の写真は朝の9時ごろで、これは昼の1時ごろ。
これ、ほとんど同じ位置で写真を撮っています。上の写真の左の木が、下の写真の手前の木だと思うのですが、風の強かった今日、この4時間ぐらいの間に、だいぶん葉っぱが減っています。

明日は雨の予報なので、また一段と落葉が進んで、もうすぐ枝ばっかりの寂しい梨畑になるんだろうな~。





d0116205_21305181.jpg今日のみかん。
何か難しい顔で座っていますが・・・。

薪ストーブLIFE満喫のため、空いた時間に薪を作っては、日当たりの良いみかんの小屋の前で乾燥させています。

[PR]
by nashinohanana | 2012-11-12 21:32 |