紫玉、再摘房

d0116205_22185839.jpg
ぶどうの袋かけ、土曜で終わったはずなのに、ずらーっと袋のかかってないぶどうが並んでいます。なんででしょう??
これはですねー、一番初めに袋をかけた『紫玉』というぶどうなんですが、その後、「紫玉は房を残しすぎたかな~」と夫がずっと心配していたぶどうなのです。房を残しすぎると、色づきも味もイマイチになります。なので、枝や葉っぱの数の割に房が多いところは、袋を外して形の悪い房を落として房数を減らしていきました。
袋を外してみると、粒が透明になって、ところどころうっすら色づいている粒がありました。触ってみると、やわらかくなっているものも、わりとあります。袋の中で着々と、美味しいぶどうに近付いていっています。

d0116205_22251152.jpg袋外してみたものの、いい房がずらーっと並んでいて、「どれも落とすのはもったいない~」と悩む夫。
d0116205_22255750.jpgとび玉があって喜ぶ夫。
一粒だけ紫色になっている粒が『とび玉』です。このとび玉が見られると、順調に着色が進んでいる証拠です。
房数も調整したし、順調に生長しているのも確認できたし、これで一安心です。
[PR]
by nashinohanana | 2009-07-05 22:31 | ぶどう