猿とかししとか

今日、農園に着くと、夫が「サル!サル!」と言うので、道路の向こうの竹やぶをじ~っと見てみると、猿の群れがゴソゴソ動いていました。あっちにもこっちにも猿がいて、ずっと見てると、そのうち向かいの農園のビニールハウスに1匹、2匹と猿が入っていきます。子供猿をお尻に乗せたサルとか、ボスっぽい大きい猿とか、いろいろいました。猿軍団。
ちょうど近くの農園の人が車で通りかかったので、「猿がハウスに入っていった」って伝えたら、クラクションを鳴らしながら車で突っ込んでくれて、30匹ぐらいの猿がハウスから出てきて一目散に竹やぶの中に逃げて生きました。一目散に逃げる姿はおもしろかったけど、これが実の生る時期にやってきたら、大損害です。




その後、ちょっと剪定をしていると、同じ竹やぶの中から、何か猿のキーキーなく様な声が聞こえてきて、ずっとキーキーいってるので見てみたら、どうやら今度は猪が、猟師さんの仕掛けたわなにはまったみたいでした。もう猟師さんが来ていて、犬も何匹か連れてきていました。
遠いのではっきり見える距離ではないけど、犬に、猪に噛み付かせてシシを弱らせているようでした。犬が噛み付くと、猪がギャーギャー鳴きます。鳴くというか、なきわめく感じ。遠目なのではっきり見えないけど、猪の声で何が起きてるか分かりました。多分猟師さんが猪を殺したと思います。
結構残酷なことだと思うんですけど、近所の農家の人で、猪に田んぼや畑を荒らされている話はよく聞くし、最近はうちの農園にも猪がやってきて穴を掘ったり荒らしたりしているので、かわいそう、よりは、『ありがとう、猟師さん』の気持ちのほうが大きいです。
[PR]
by nashinohanana | 2008-12-05 21:53 | その他