霜対策

d0116205_1031280.jpg
梨は、花が付いてから霜が降ると花がやられて実ができなくなるそうです。この時期は遅霜に気を使うから大変だそうです。
霜対策として、かんかんに油(灯油?)を入れています。霜注意報が出て夜の気温が下がると、夜中に農園にやってきてこのかんかんを梨の木の下に並べて火をつけ、温度を上げて梨を守るそうです。
夕方の天気予報って『今晩は冷え込むので霜が降るかもしれない、農家の方は農作物に注意してください』って言ってますね。今まで気が付きませんでした。
[PR]
by nashinohanana | 2007-04-16 20:01 |