堆肥を配っています

梨の株元に堆肥を配って広げていくのが最近の仕事です。

d0116205_21572929.jpg山積みの堆肥をトラクターで運搬車に積んで、

d0116205_21581561.jpg梨の木の近くまで運んできます。

d0116205_220032.jpg木のそばで待ち構えている私とパートさんで、堆肥を車から降ろして、

d0116205_2156165.jpgじょれんで堆肥を広げていく。


園主は、機械の操作担当なので、一番楽チンそうです。
それなりに重たい堆肥を車から降ろして株元に薄く丸く広げるのは、か弱い女子二人。
テレビで見たレンコン農家の収穫風景も、旦那さんがトラクターみたいなのに乗ってレンコンを掘り起こして、その後ろを奥さんがレンコンを集めて歩いていました。車の運転ができる男性の方が楽チンそうなのは、よくある風景です。

まあ、堆肥を広げた後に次の堆肥が来るまで時間が空くので、休み休みでできてそこまで大変ではありませんでした。
腰に付けた大きな肥料袋は、次の堆肥が来るまでの間に、梨の枝を誘引しているひもを切って外しているので、その紐を入れるための袋です。私たちって働き者!!!
[PR]
by nashinohanana | 2012-11-30 22:07 |