ぶどうやら山菜やら

d0116205_2031717.jpg梨の受粉がひと段落したら、ハウスのぶどうの花が大きくなってきました。
今日はハウスで花を切る作業。今日は暑い一日で、もうすぐ30度という気温。ハウスの中は35度ぐらいでしょうか。
花穂整形という名前のこの作業、詳しくは4年前のこの日記をお読みください→コチラ
路地のぶどうでもう5年やっているので、ちゃきちゃきっと切っていけるはずなのに、初めてのハウスぶどうだからか、初めての作業のように「どれぐらいの長さにしようかな?切ろうかな?残そうかな?」と、なんだかとても悩みました。


昨日は、お隣の農園の方からタケノコをいっぱいもらって、反対のお隣の農園の方からタラノメをもらって、自分でもワラビを取っていて、山菜フィーバーでした。最近はみかんの散歩に行っても、道端の新芽がどれもこれも天ぷらにしたら美味しそうで気になってたまりません。でも食べられるのかどうか、さっぱり分からないんですが。

d0116205_20204956.jpg今日、畑の裏の方に行ってみたらタラノメを発見。
今まで、タラノメをいただいて食べたことはあっても、自分で見つけたのは初めて。こんな近場にタラノメがあったとは!
d0116205_20223282.jpg農園の周りにハゼの木がいっぱいあって、これは触るとかぶれるそうで大敵なんですが、そのハゼとタラノメが似ている、ということなんですが・・・。たぶん、こっちの写真がハゼ。
タラノメとハゼの区別が付くようになった自分に進歩を感じる今日この頃。そもそも、タラノメなんてものも、こっちに来るまで知りませんでした。

d0116205_20272184.jpgこれは路地ぶどう。安芸クイーン。
梨の受粉がひと段落して、ブドウ畑のほうに行ってみたら、芽が出てきていました。さあ、こっちも忙しくなるぞ~と訴えています。
このぶどうの新芽も天ぷらにしたら美味しいんですけどね。

[PR]
by nashinohanana | 2012-04-24 20:28 | ぶどう