ベッド作りは大変!

d0116205_1939377.jpgハウスのぶどうは、地面に直接植えるのではなく、『ベッド』と呼ばれる箱の中に植えます。鉢植えのようなものです。根っこはこの箱から出ないので、根域制限栽培と言われています。
このベッドを作るのが、これまたとてもとても大変でした。
d0116205_19411821.jpgプラスチック段ボールに、ドリルで穴を開けます。1枚につき12か所×約300枚。
d0116205_19421222.jpgビニペットという、薄い鉄の板に、これまたドリルで穴を開けます。
1本6か所×約600本。
d0116205_19432297.jpg穴あけに疲れたら、ボルトにナットをつけておく作業です。ボルトは約2000本。
d0116205_19442582.jpgボルトは、さびないようにさび止めを塗りますが、これも、まずはあらかじめ付いている油を落として、それから刷毛でさび止めを塗ります。同じく2000本。
d0116205_19455611.jpgそれらの、プラスチック段ボール、ボルト、ビニペットを組み立てて、ベッドが出来上がり。
ベッドは154個。
11月末から作業を始めて、やっと半分ぐらい組み立て終わりました。
ここ最近、ベッドがどんどん組立っているので、できたものを少しハウスの中に入れてみたら、『根域制限栽培のぶどうハウス』っていう感じがしてきました。天気がいいと楽しい作業なのですが、この1週間はぱっとしないお天気が続くようなので、どれだけ作業が進むかな~?
[PR]