須金・ミツバツツジの里 part1

須金に、去年、ミツバツツジが群生しているということで、新聞やテレビで有名になった場所があります。
ミツバツツジにはまだ早いけど、その場所を探しに行ってきました。
d0116205_2138347.jpgそしたら、、、
すご~~~く素敵なところでした!

d0116205_2146810.jpg須金で建設会社をやっていた方が、仕事の合間に山を整備して木を植え、廃材などを使って小屋や炭焼き釜、温泉などを自分で作ったそうです。
ミツバツツジはもう1週間ぐらい先だそうですが、今は桜と水仙が満開です。
これからは、ミツバツツジ、ぼたん、あじさい、あやめ・・・、といろんな花が咲いていくそうです。
d0116205_21463180.jpgこの建物も、中には囲炉裏があるし、ストーブがあるし、土間には流しがあるし、でもほこりっぽくなくて綺麗で、すごく気持ちよさそうな小屋でした。

d0116205_21563493.jpgはー、すごく素敵でした。
ミツバツツジも見に行こう!と心に決めたので、今日の日記はタイトルに『part1』を付けています。part2を乞うご期待!

個人の方が所有している山ですが、お客さんウェルカムな感じの方でしたので、場所を説明します。
徳山から須金に向かって行って、ふれあいプラザ須金(梨ぶどうの直売所)を超えて、トンネルを過ぎると『よし谷』と書いた看板がありますので、左に曲がって山を登っていきます。
左に建設会社の資材置き場のようなものがあるので、そこは通り過ぎます。
そしたら次の左に入るところを左に曲がります。しばらく行くと、建設会社の砂利置き場のようなものがあるので、それを左手に見ながらもうちょっとまっすぐすすむと、「みつばつつじの里」と彫られた石があって、駐車場があります。
去年新聞を見て場所がわからなかった方、ぜひ行ってみてください。
[PR]
by nashinohanana | 2010-04-05 21:53 | 近くの観光