ぶどうに肥料

最近は、ぶどうに肥料をやったり堆肥をまいたりしています。
木の大きさとか今年の房の付き具合によって、肥料の量を変えています。肥料は何種類か混ぜるので、夫が「この木は5kg」とか「4kg」とか言って、私がそれにあわせて、はかりで肥料を配合してバケツに入れて、夫が撒いていきます。
堆肥は重たいので、私は堆肥の袋をカッターで開けるだけ。重くて持てません。
d0116205_22474655.jpgd0116205_22475890.jpg

d0116205_22523975.jpg肥料を撒いていたら、木の幹に怪しいカスを発見。
d0116205_22533725.jpgハサミでほじほじしてみたら、やっぱり虫が!
にくっき、クビアカスカシバです。こんなに寒くなってもまだいるのね~。油断していました。
こいつが木に住みつくと、枝をぐるっと1周かじってしまうので、養分がその傷口から先には行かなくなって、傷口より先の部分が枯れてしまいます。こいつに幹をやられると、その木がまるまる1本ダメになる、という、小さいくせに恐ろしい虫です。
それにしても、いつ見ても気持ちの悪い虫です。

d0116205_22553353.jpg気持ち悪い虫の後は、かわいいみかんでお口直しを。
最近はコタツで寝ているみかんです。
[PR]
by nashinohanana | 2009-11-06 23:00 | ぶどう