ぶどう、さらに摘房

じゃっじゃ~~~ん。今日のピオーネ(左)と、安芸クイーン(右)です。
粒も大きくなったし、色も付いてきています。もう見た目はおいしそうじゃないですか!!
d0116205_21581562.jpgd0116205_21583488.jpg
とは言うものの、写真に撮られるのは、だいたい”いい房”であり、こんなおいしそうな房ばかりがぶら下がっているわけではありません。さらに、今年は梅雨が明けない!かんかんと照りつける日差しはまだ期待できそうもありません・・・。

d0116205_2253690.jpgなので、思い切って、房を減らしました。木によって、黒く色づいた房ばかりの木もあれば、まだまだほとんど緑色の房ばかりの木もあるので、そういう着色の進んでいない木の房をはさみでチョキンと切っていきました。
粒も大きくなって落とすのがもったいないのですが、おいしいぶどうになってもらうために、涙の決断です(←ちょっと大げさ)。
ちなみに、落としたぶどうを食べてみると、まだまだすっぱいけど、ぶどうの味がちゃんとしました。粒はぷにゅっとしてやわらかくなっています。ぶどうの香りがひろがります。

d0116205_22141866.jpgそれから、カラスにつつかれて傷の付いた新水を食べてみました。新水は、お盆ごろから採れる梨です。うちの農園で一番早くにとれます。
今年始めての梨。初物です!
これはもう渋みとかえぐみとかは抜けていて、甘くなっていました。おいしかったです。でもまだ糖度不足ですね。あとは、太陽の力です!
がんばれ、太平洋高気圧!!梅雨前線を押しのけて!!!
[PR]
by nashinohanana | 2009-07-24 22:19 | ぶどう